womwarm > 布ライナー > 市販のおりものシートをやめてみたらわかったこと

  • 布ライナー
  •  2020.3.19

市販のおりものシートをやめてみたらわかったこと


パンティライナー

こんにちは。妊活アドバイザーの森瞳です。

妊活をしていると、ついつい目先のことに拘り「妊娠するために必要なこと」として、健康情報に翻弄されている方が多いように感じます。

妊娠する近道になることと信じ行っていてもなかなか効果がでないと、「こんなに頑張っているのに妊娠しない!」という残念な気持ちになり自分を責めることにも繋がりかねません。

健康情報というのは、あくまで健康情報であり、普段の生活に無理なく取り入れられないと意味がありません。

「頑張ってやっている」という普段よりちょっと無理をしている気持ちが生活にストレスを与えることになっていきますので、妊活中に健康志向になるのはとても良いことだと思いますが、ストレスをためてまですることではありません。

だって、タバコ吸ってても、病気でも妊娠する人はするんです。

「妊娠するために」ということに焦点をおくよりも、「健康の土台をつくる」という気軽な気持ちで生活に取り入れていって頂ければいいなと思います。


とはいえ、初婚年齢の高齢化、高齢出産など、子どもをもつ年齢が遅くなっている現代において、現実的に子どもと過ごせる時間は意外と短いなか、元気に子どもと遊ぶにも体力も必要だし、できたら1秒でも長生きして健康でいたいなと思えばやはり「健康の土台をつくる」ということはとっても大切です!

子どもと沢山の思い出をつくりたい。

できたら孫の顔もみたい!ですものね!そんな健康は1日で作られるものではなく、日々の積み重ねです。

毎日を丁寧に過ごしてこそそれは手に入れられるものなのだと感じています。

 

そんな私も、妊活中には沢山の健康情報の中で様々な健康方法を試してはやめを繰り返し繰り返ししていました。


そこで気が付いたことは、実は何かを始めることよりも、「やめる」ことの大切さ。です!

 

人は、何か壁にあたったときに、「自分に足りないものは?」と考える方が多いようです。


でも、本当は、足りすぎていることの方が多いのかも。と気が付いたのです。


例えば、外食、添加物、タバコ、酒、夜更かし、スマホ、などなど、普段の生活で見直すべきことはまだまだあるのに、何か足りないことを探して実行しようとするのは本末転倒です。

まずは、ご自身の生活のなにかひとつでも見直してみて、「2つやめたら1つはじめる」くらいの気持ちでいてください。

 

市販のおりものシートをやめてみたらわかったこと

パンティライナー

私自身、やめてみて体調の変化に気が付いたもののひとつが、市販のナプキンやおりものシートです。


市販の生理用ナプキンから布ナプキンに変えたときは、生理中に使うので月単位で、身体の変化を感じることができました。

一方、おりものシートは毎日使うものなので、肌さわりはとってもいいな、とは感じましたが、すごく変化を感じるということはなかったんです。


そんなある日、ちょっと忙しい日々に布を洗うのが面倒くさくなって、市販のおりものシートに変えたことがあるんです。

その時に、「あれ???」と思ったのが、・臭い・蒸れ・カブレの3重苦でした。

不思議と、布のおりものシートだと、においも、蒸れも、カブレも気になることなく過ごせていたのに、市販のおりものシートに変えてすぐにその変化に気が付きました。


毎日使うからこそ、しかもお肌に直接あたる部分だからこそ、丁寧に品物を選ばないといけないと実感しました。

 

今でもベースは布ナプキンや布ライナーを使っていますが、旅行中や、繁忙期などは、便利な使い捨て布ライナーを使ってます。

布ライナー

この使い捨て布ライナーを使うようになってから生活の質が更にアップしたように思います。

ストレスなく、カブレもなく、臭いもなく、蒸れもなく過ごせるおりものシートです。

 

フランネル生地1枚の安心感。

ショーツに直接貼るだけで簡単!使い終わったら捨てるだけだから、洗濯不要です!

 

ゼラニウムの香り付きで(無香料もあります)抗菌効果が期待できます!なによりもリラックスするとっても良い香り。

使い捨て布ライナーお勧めです。

 

【こちらもオススメです】使い捨て布ナプキンウームワーム

【洗って何度でも使いたい】テラヘルツ布ライナーWombR